停電に強いまちづくり
あかりでエリア防災照明

非常時に安全・安心に避難ができるよう、
「家から屋外への移動」「家から避難場所への移動」「避難場所での活動」
「避難所での生活」に対して、一般社団法人日本照明工業会による基準が、
住宅用非常灯、屋外用非常灯、ソーラーライトなどの照明器具に制定されています。

■ 自主評定規格に適合した
照明器具の評定マーク

2020年4月より一般社団法人日本照明工業会で照明器具の性能や明るさの基準を定めた自主評定制度が始まりました。
その基準をクリアした製品には評定マークが表示されています。

1.住宅用非常灯	家から屋外へ移動1.住宅用非常灯	家から屋外へ移動

推奨設置場所
なぜ1ℓx
  • 安全に避難できるよう、
    出口まで明るく照らします。
  • 落ち着いて避難準備できるよう、
    居室内を明るく照らします。
ホテル、旅館等の多数の人が利用する建築建物等について、原則として非常用の照明器具の設置が義務付けられていて、その最小照度は1lxとして建築基準法で定められています。住宅内においても、安全に避難できる明るさは同等と考えています。
なぜ30分
避難に必要最低限の準備をするのに必要な時間を検討して決めています。建築基準法では、戸建て住宅の住戸は非常用照明器具の設置規制適用を受けない居室として定められています。また、同法では、火災事故を想定し避難準備をせず即刻避難することを想定しているのに対して、本製品は、昨今の増加傾向にある風水害による停電等、一定の時間内で準備をしてから避難する場合への備えとして、ご提案するものです。

対象製品一覧

埋込型 電池内蔵形住宅用非常灯専用型照明器具 / S形
直付型 電池内蔵形住宅用非常灯専用型照明器具

2.家から避難場所へ移動	屋外用非常灯2.家から避難場所へ移動	屋外用非常灯

主な設置場所
街路
照度基準※1
最小照度0.1ℓx以上
有効点灯時間
3~12時間未満/12時間以上
不日照日数
-
設置条件※2
道路幅5m 設置間隔30m 取付高さ4.5m
なぜ0.1ℓx
最小水平面照度0.1ℓxあれば避難に問題ないことが、照明学会にて報告されています。
(避難時における照明要件に関する評価実験 H28年度)
なぜ3時間
東京都では指定された避難場所までの避難距離が3km未満になるよう避難圏域が指定されています。災害時にはさまざまな障害物の散乱等が考えられ避難速度が低下することを考慮し、また避難開始までの準備時間を加え、避難経路のあかりが必要な時間を3時間としています。
※厚労省では高齢者の歩行速度を650~800m/15分としており3kmの移動時間は56分~70分となります。
なぜ12時間
終夜を概ね12時間としています。

防犯灯が災害停電時には防災照明となります。災害停電時には内蔵バッテリーで約24時間点灯します。防犯灯が災害停電時には防災照明となります。災害停電時には内蔵バッテリーで約24時間点灯します。

照度分布図

機能

バッテリーモニター機能(バッテリーの充電状態や劣化状態を確認できる機能)
  • バッテリーの充電状態を点灯/遅い点滅(バッテリー充電モニター)にて表示します。
  • バッテリーの劣化状態を早い点滅(バッテリー劣化診断(テストスイッチ))にて表示します。
保護機能
  • 安全ブレーカー:定格15A熱動遮断機
ニッケル水素蓄電池(高出力高温耐久性タイプ)
  • 充電可能温度範囲:-10℃~45℃
  • 期待寿命(周囲温度25℃ 約5年):交換可能構造
ニッケル水素蓄電池(高出力高温耐久性タイプ)

停電時の点灯時間が選択出来ます。点灯時間によって明るさが決定されます。

停電時の調光モード
停電時モード6時間点灯モード12時間点灯モード24時間点灯モード
器具光束850lm430lm220lm
明るさ100%50%25%

※「6時間点灯モード」でご使用の場合はJIL5510屋外用非常灯には含まれません。

24時間点灯モードの例

② 屋外用非常灯 防犯灯 【10VAタイプ】

3.避難場所での活動	ソーラーライト3.避難場所での活動	ソーラーライト

主な設置場所
公園・学校グラウンドなど
照度基準※1
直下近傍1.0ℓx以上かつ、
最も暗い場所でも0.1ℓx以上
有効点灯時間
12~14時間未満/14時間以上
不日照日数
2~4日未満/4日以上
設置条件※2
取付高さ2.5m以上
なぜ1ℓx
避難場所における非常用照明は、広場や屋外の収集場に設置し、照明器具直下近傍で1.0ℓx以上、最も暗い場所でも0.1ℓx以上が望ましいと照明学会にて報告されています。
(「非常時用照明の基準」照明学会・技術規格 JIES-0004)
なぜ12時間
終夜を概ね12時間とし、冬季の日照時間を考慮して14時間以上が望ましいと考えて設定しています。
なぜ4日
災害の緊急段階を概ね3日としていますが、さらに1日を加算しました。
  • 明るさの基準は「屋外用非常灯」「ソーラーライト」どちらかの基準を満足すること。
  • 評定時に使用する設置条件。実際に設置する場合は、設置場所の照明範囲に対して照度基準を満足するよう設計すること。

日没後に自動点灯、8時間後に自動調光制御、14時間後に自動消灯します。

  • 点灯時間は、有効日照時間3H/日を基準にしています。
  • 発電量は、日射量や風の条件、設置場所により制約を受けます。
  • バッテリーの容量は、満充電状態から定格点灯時間での無風、不日照を4日間として設定しています。
  • バッテリーボックスのステンレス仕様も対応致します。別途ご相談ください。

リチウムイオンシステム

■ 特長 高性能、長寿命を実現したリチウムイオン電池。

1. 約15年の期待寿命
従来の鉛バッテリーの約3倍長持ち、容量維持率80%で約5500サイクル、約15年の期待寿命を実現しました。
  • 使用状況・環境によって異なります。
  • システム全体を保証するものではありません。
2. 優れた低温特性
マイナス20℃条件下でも安定した充電、放電性能の維持が可能。
寒冷地でも安心してご利用いただけるようになりました。
3. 軽量
従来の鉛バッテリーより大幅に軽量化(約6kg/35Ah)。設置、交換の負担を大幅に軽減します。
4. 安全回路設計
電池モニタリングシステム(BMS)をリチウムイオン電池に内臓。自律的にセルバランスを維持します。自動復帰タイプのヒューズを内臓。
短絡、逆接続しても安全です。

ソーラーライトの設置条件について

●全国日照マップ
  1. ソーラーパネルは、必ず南向きに設置してください。
  2. 下記のような場所は設置に適しません。
    • 山間部や建物の陰になる所
    • 鳥が多く、フン被害の可能性がある所
  3. 不日照地域では、充分な発電が期待できず、点灯時間が短くなる場合があります。
  4. 積雪地域でのご使用については以下のことにご注意ください。
    • パネル面への積雪軽減のため、パネル角度を変更する必要があります。それに伴い、ポールなどの変更を必要とする場合があります。
    • 積雪で充分な発電が得られないことによりバッテリー容量が減少し、バッテリー寿命が短くなります。
      積雪が長期にわたる場合は、点灯時間を短くしてご使用ください。
  5. 一般地域について
    • 一般地域でも、場所により日陰になる所があります。それにより充分な発電ができず、バッテリーの寿命が短くなります。 設置場所の選定にはご注意ください。
    • 日陰が長期にわたる場合は、点灯時間を短くしてご使用ください。
  6. 日没を検知し、自動で照明器具が点灯します。複数台設置した場合、太陽電池パネルの個体差により点灯・消灯時間に多少ずれが生じます。また自動点滅器とも多少のずれが生じます。
  7. 本カタログ内の基礎寸法は、標準的な地盤(N値10程度)で算出しています。
    設置する場所により基礎の変更が必要となる場合があります。
  8. 強度は耐風速60m/sを基準にしています。

③ ソーラーライト